忌野清志郎レコード “いい音Live” in 国立 5/5(金・祝)開催

2017年4月16日

あの忌野清志郎さん。
亡くなってなお、絶大な影響力を誇るミュージシャンのひとり。
「国立のひと」なんですよね。

そんな彼のソロ デビュー アルバム“Razor Sharp” は、
ちょうど30年前となる1987年にリリースされました。

それを記念し、国立No Trunks(ノー・トランクス)さんでは、
『初期のRC サクセション』(1972年作)から『夢助』(2006年作)までの
アルバム群を、アナログ盤が「いい音」で聴ける
レーザー・ターンテーブル(光学式レコード再生機)にて、
「より音の臨場感を味わってもらおう!」というイヴェントを
5/5(金・祝)15:00 から開催(14:30 開場)することに。

上記のフライヤーに記載の通り、予約制となっています。
清志郎さんのファンはもちろん、レコードを良い音で聴いてみたい方にも。

この申込みは、上記フライヤーに記載の4項目を添えて
Email: elp@elpj.jp
まで。

どんな良い音なのか、清志郎さんの声やサウンドがどんなふうに響くのか、
ドキドキ・ワクワクですね!

Top
プラムジャム 利用予約カレンダー
会員一覧
エコ・リサイクル回収
活動メンバー募集中!
学習支援事業
  • 夢を貧困につぶさせない。子供の未来応援国民運動
  • 国立市
  • 国立市ボランティアセンター
  • 国立歩記
  • 駄菓子や くにちゃん
  • Kunitter

公式Facebookページ